メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

1回戦 JR四国、笑顔の初戦突破 雪辱果たしスタンド歓喜 /香川

【JR四国(高松市)-ホンダ(狭山市)】一回裏JR四国1死、高木ちから選手が右前打を放つ=東京ドームで、山田尚弘撮影

 東京ドームで開かれている第89回都市対抗野球大会に四国代表として出場しているJR四国(高松市)は14日、1回戦でホンダ(狭山市)と対戦、3-1で接戦を制し、1999年の第70回大会以来19年ぶりの本大会白星を挙げた。ホンダには昨年の1回戦、0-10でコールド負けを喫しており、雪辱を果たした。先発の菊池大樹投手(25)が八回途中まで強力打線を抑える好投を見せ、その裏の攻撃も光った。優勝候補を破っての価値ある1勝にスタンドから大歓声が送られた。【潟見雄大、滝沢一誠】

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです