メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第89回都市対抗野球

JR北海道ク惜敗 成長を実感、土壇場の同点劇

 第89回都市対抗野球大会で14日、東京ドームでの試合に臨んだJR北海道硬式野球クラブ(札幌市)はJR西日本(広島市)に惜敗した。クラブ化2季目で練習時間が短くなるなど環境が変わる中、九回に4点を挙げて同点に追いつく粘りを見せた。

 昨年は無得点で敗れ、限られた練習時間を有効に生かそうと全員が打席で同じ課題を持つことを掲げた。その意味を徹底的に考え、好機につなげる意識を磨いた。

 この日の課題は「積極的に早いカウントで打つ」。積極性が空回りする場面もあったが、九回に代打の松浦が…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文489文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです