メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

亡き総監督に10年ぶり勝利を 鷺宮製作所

4強入りした2007年の都市対抗野球大会で、スタンドにあいさつする鷺宮製作所の西見一郎総監督(当時)。ユニホーム姿は名物だった=東京ドームで2007年8月30日、丸山博撮影

 第89回都市対抗野球大会に9年ぶりの出場を果たした東京都・鷺宮製作所は今年で創部60年。創部当初から総監督を務め、同社名誉会長になってもベンチで選手を励まし続けた西見一郎さんが昨年、91歳で亡くなった。チームの低迷期でも「野球は人作り。勝ち負けで部の存廃は決めない」と支えてくれた恩人に、選手たちは10年ぶりの勝利を届けようと意気込んでいる。【稲垣衆史】

 「野球部の父のような存在だった」。目良(めら)宏監督(47)は振り返る。創業者を父に持つ西見さんは…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです