メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

いい緊張感…トヨタ・佐竹、貫禄の投球

【東京都(東京ガス)-豊田市(トヨタ自動車)】東京都に勝利し、喜ぶ佐竹(右から3人目)ら豊田市ナイン=東京ドームで2018年7月16日、山田尚弘撮影

 ○トヨタ自動車(豊田市)2-1東京ガス(東京都)●

 数々の修羅場をくぐり抜けてきたトヨタ自動車(豊田市)の13年目右腕・佐竹でも、都市対抗の初戦は緊張するという。ただ、この日は「平常心に少しアドレナリンが加わるような、いい緊張感だった」。心地よい緊張感の中で、ベテランらしい投球術がさえ渡った。

 三回に東京ガス(東京都)・地引に先制適時打を許したが、四回に味方が勝ち越したことで「開き直れた」と佐竹。その後は走者は出しても、テークバックの小さい…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです