メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

好投の柏原、1球に泣く 三菱日立

【東京都(NTT東日本)-横浜市(三菱日立パワーシステムズ)】七回表に先制点を許し、悔しそうにベンチに戻る横浜市の先発・柏原=東京ドームで2018年7月19日、梅村直承撮影

 ○NTT東日本(東京都)5-0三菱日立パワーシステムズ(横浜市)●(2回戦・19日)

 三菱日立パワーシステムズの右腕・柏原(JX-ENEOSから補強)が1球に泣いた。本大会初先発だったが、150キロ近い速球にスライダーやカットボールを交え、六回まではNTT東日本打線を2安打に抑えた。落とし穴は七回…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです