メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒獅子の目

第89回都市対抗野球 考える野球、着実

 「宿題は残ったが、全国大会で勝つ実績ができた」。準優勝の白獅子旗を受け取った選手を見る神戸市・高砂市・三菱重工神戸・高砂の富光男監督の顔には笑みが浮かんでいた。

 2013年7月、監督に就任した。本大会連続出場が6年で途絶えた夏だった。結果を残すことだけを考えた。まずは選手を練習漬けにした。「炎天下で土日も練習」「練習試合で負けたら罰としてグラウンド30周」。今の時代にいかがなものかと思うようなスパルタ方式で接した。

 「あえて、です」と監督は言う。「一生懸命な選手と、ふわっとして目標がない選手がいて、まとまっている…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです