メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒獅子の目

第89回都市対抗野球 考える野球、着実

 「宿題は残ったが、全国大会で勝つ実績ができた」。準優勝の白獅子旗を受け取った選手を見る神戸市・高砂市・三菱重工神戸・高砂の富光男監督の顔には笑みが浮かんでいた。

 2013年7月、監督に就任した。本大会連続出場が6年で途絶えた夏だった。結果を残すことだけを考えた。まずは選手を練習漬けにした。「炎天下で土日も練習」「練習試合で負けたら罰としてグラウンド30周」。今の時代にいかがなものかと思うようなスパルタ方式で接した。

 「あえて、です」と監督は言う。「一生懸命な選手と、ふわっとして目標がない選手がいて、まとまっている感じがなかった」。嫌われ者になってもまとまりが出るのであれば。そんな思いからだった。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです