メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

意識改革結実 大阪ガス

優勝を決め、喜ぶ大阪市の選手たち=東京ドームで2018年7月24日、長谷川直亮撮影

 ○大阪ガス(大阪市)2-0三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)●(決勝・24日)

 過去2度王手をかけながらつかめなかった頂点に、ようやく手が届いた。九回2死、最後の打者を空振り三振に仕留めて両手を突き上げた緒方を、大阪ガスの選手たちがなだれ込むように取り囲み、歓喜の輪を作った。

 この日も足を絡めて流れを引き寄せた。八回無死から青柳が中前打を放ち、この日初めて先頭打者が出塁した。この走者を、還さないわけにはいかない。青柳は2番・小深田の4球目に猛然とスタート。小深田はこの球を打って三ゴロに倒れたものの、青柳が二塁に進んで好機を作った。ここで、続く峰…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです