メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

パナソニック吉川の登録資格剥奪 規定違反

パナソニックの吉川峻平=山田尚弘撮影

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)は5日、連盟の規定に反して社会人登録を抹消しないまま米大リーグ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだとして、パナソニックの吉川峻平投手(23)を4日付で最も重い登録資格剥奪処分とし、今後の再登録は認めないと発表した。

 また当時、同社の野球部長兼監督としてプロ球団との接触を認識しながら適切に対処しなかったとして、北口正光野球部長(51)を9カ月の登録資格停止(謹慎)とした。

 JABAの規定では、加盟チーム所属の選手は前年のプロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議から翌年の都…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  5. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです