メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権予選 宮崎梅田学園、初出場 事故で逝った少年思い 「交通安全」の幕掲げ

 悲願の大舞台をつかんだ陰には、16年前に交通事故で亡くなった野球少年への思いがあった。第44回社会人野球日本選手権九州地区予選の第2代表決定戦が11日、熊本市のリブワーク藤崎台球場であり、宮崎梅田学園(宮崎市)が創部13年目で初の本大会出場を決めた。同社の梅田條尾社長は「ようやく夢がかなった」と感慨を込めた。

 出場を決めた直後、選手らの手で宙に舞った梅田社長の手には、「FUMIYA」と書かれたユニホームが握…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです