メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 関東代表決定戦 明治安田、本大会へ 鷺宮もセガサミー降し 両監督の話 /東京

各自が役割果たす 鷺宮製作所・目良宏監督

 先発の野口が踏ん張り、クリーンアップが打ってと、それぞれが役割を果たしてくれた。野口は8月に捻挫して、ぶっつけ本番に近かったが、ぎりぎり間に合った。本大会はまず初戦突破。しぶとく少ないチャンスをものにして、一つでも多く勝ちたい。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです