メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブ野球選手権

第3日 ウイン北広島4強

 社会人野球の全日本クラブ選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第3日の12日、埼玉・メットライフドームで準々決勝4試合を行った。ウイン北広島(北海道)は、ゴールデンリバース(秋田)をコールドで降して17年ぶりの準決勝進出。2連覇を目指す和歌山箕島球友会は、ビッグ開発ク(沖縄)にコールド勝ち。全足利ク(栃木)は、野沢が散発2安打12奪三振で東北マークス(宮城)を完封し、2年ぶりに4強入り。昨年準優勝の大和高田ク(奈良)は、富士通アイソテックク(福島)にコールドで快勝した。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1020文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです