メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

東芝 ベテランの藤原、千金サヨナラ弾

社会人野球日本選手権予選

 ○東芝3-1JFE東日本●(12日)

     最後は途中出場の藤原が一振りで決めた。昨年に続き、JFE東日本にサヨナラアーチを浴びせて代表権を手にした東芝。平馬監督は「まさか藤原が打つとは」と喜んだ。

     七回に代走で出場し、同点の九回1死二塁で迎えた、この日の初打席。1、2球目と続けて直球を見送り、「次はスライダーと思った」と藤原。3球目、狙い通りのスライダーをたたくと、打球は右翼席に飛び込む決勝2ランとなった。

     今夏の都市対抗で左投手に苦しんだ反省から、秋に向けて打撃マシンで左投手のスライダーを打ち込むなど、左腕対策にチームを挙げて取り組んできた。この日も相手の左腕・在原に手を焼いたが、藤原は「最後に練習の成果が出た」。待ち構えた球種を、きっちり仕留めた。

     入社11年目の32歳。先発出場の機会はめっきり減ったものの「だからこそ『出た場面で何とか役に立ちたい』という思いが強い」と力を込める。ここ一番に控えるベテランの存在が、東芝の強さを物語っている。【平本泰章】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです