メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
全日本クラブ野球選手権

最終日 大和高田クV 7年ぶり

 社会人野球の第43回全日本クラブ選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は最終日の13日、埼玉・メットライフドームで準決勝と決勝を行った。決勝は、大和高田ク(奈良)が延長十回タイブレークの末に和歌山箕島球友会を降し、7年ぶり4回目の優勝。11月に京セラドーム大阪で行われる日本選手権の出場権を獲得した。

     表彰選手は次の通り。最高殊勲選手賞=竹島貫太内野手(大和高田ク)▽敢闘賞=和田拓也投手(和歌山箕島球友会)▽首位打者賞=岩永幸大外野手(大和高田ク、15打数7安打、打率4割6分7厘)

    タイブレーク 雪辱を果たす

     昨年の決勝と同じ和歌山箕島球友会が相手。大和高田クが雪辱を果たし、4回目の優勝をつかんだ。プロ野球の近鉄(現オリックス)でも指揮を執った佐々木監督は「これ以上ない喜び」と興奮しきりだった。

     4点を追う三回、2本の安打と四球で1死満塁の好機を作った。打席の4番・広井は、相手のエース左腕・和田に対し、「チェンジアップが良いので、球を長く見られるように中堅方向に打つ意識を強くした」。3球目、真ん中のチェンジアップを中堅にはじき返し、2点を返した。五、六回にも計2点を加えて追いつき、和田をノックアウト。タイブレークの延長十回、竹島の3ランで試合を決めた。

     「和田を打つために一年間、練習してきた」と佐々木監督。昨年の決勝で、和田に九回まで2安打、無得点に抑えられ、タイブレークの末に敗れた。大和高田クの選手たちはバットを振り込み、打力強化に励んだ。和田との対戦を見据え、大会前から映像での分析も重ね、最高の結果へとつながった。【真下信幸】


     ▽準決勝

    ウイン北広島(北海道)

      000000000=0

      00100000×=1

    和歌山箕島球友会(和歌山)

     (ウ)吉田-長谷田

     (和)寺岡-水田

    全足利ク(栃木)

      000000010=1

      000100001=2

    大和高田ク(奈良)

     (全)中田、小宮山、石崎-深沢

     (大)山本竜、金村、吉田行-恩庄

     ▽決勝

    大和高田ク

      1020110103=9

      0500010001=7

    和歌山箕島球友会

     (延長十回タイブレーク)

     (大和高田クは7年ぶり4回目の優勝)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです