メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JX-ENEOSなど本大会へ 日本選手権

劇的な逆転サヨナラ勝ちでの代表決定に跳び上がって喜ぶJX-ENEOSの選手たち=群馬県太田市飯塚町の市運動公園野球場で2018年9月13日、阿相久志撮影

 社会人野球日本選手権の予選は13日、関東は代表決定戦があり、JX-ENEOSは東京ガスに逆転サヨナラ勝ちし、3大会連続22回目の本大会出場を決めた。新日鉄住金鹿島は右腕・大貫が日立製作所を完封し、3大会連続8回目の代表権をつかんだ。

 中国では、代表決定戦で、三菱重工広島がシティライト岡山に競り勝ち、7大会連続18回目の出場を決めた。

 東海は2試合。2回戦で東海理化が新日鉄住金東海REXとの延長戦を制し、代表決定戦に進出。敗者復活1…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1183文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです