メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 エースに次ぐ投手、課題 三菱重工神戸・高砂監督 富光男氏

 --今夏の都市対抗では過去最高成績に並ぶ準優勝を飾った。

 ◆優勝できなかった悔しさはあるが、今までにない成績を残せた達成感もあり、複雑な心境だ。試合に出ていない選手も含め、都市対抗で優勝するレベルとはどんなものかを感じられた。

 --エースの守安玲緒、日本生命から補強の藤井貴之の両右腕投手が交互に先発し、藤井が2回戦と準決勝、守安が準々決勝を完封した。全5試合でわずか3失点の投手力が光った。

 ◆第85回大会(2014年)で優勝した大垣市・西濃運輸は今年のうちと同じように、エースの佐伯(尚治…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1136文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです