メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 エースに次ぐ投手、課題 三菱重工神戸・高砂監督 富光男氏

 --今夏の都市対抗では過去最高成績に並ぶ準優勝を飾った。

 ◆優勝できなかった悔しさはあるが、今までにない成績を残せた達成感もあり、複雑な心境だ。試合に出ていない選手も含め、都市対抗で優勝するレベルとはどんなものかを感じられた。

 --エースの守安玲緒、日本生命から補強の藤井貴之の両右腕投手が交互に先発し、藤井が2回戦と準決勝、守安が準々決勝を完封した。全5試合でわずか3失点の投手力が光った。

 ◆第85回大会(2014年)で優勝した大垣市・西濃運輸は今年のうちと同じように、エースの佐伯(尚治…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1136文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです