メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイヤに挑む

第44回社会人野球日本選手権/3 日本生命(近畿・大阪) 16年前の再現狙う

ロングティー打撃でライナーを打つ練習をする日本生命の選手たち=大阪府貝塚市の日本生命スタジアム屋内練習場で2018年10月1日、来住哲司撮影

 社会人球界で大きなニュースだった。都市対抗で優勝4回、歴代最多59回出場を誇る日本生命が6月、16年ぶりに都市対抗出場を逃したことだ。

 現役選手たちにとって初めての屈辱。近畿予選後のミーティングでは、各自が正直な思いを言い合った。それを聞いた就任5年目の十河章浩監督(51)は「こちらの誘導ミスがあった」と感じた。

 同予選は2勝3敗で、敗れた3試合の総得点は4と打線が低迷した。打撃改良を試みたが、それが合わなかっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです