メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイヤに挑む

第44回社会人野球日本選手権/3 日本生命(近畿・大阪) 16年前の再現狙う

ロングティー打撃でライナーを打つ練習をする日本生命の選手たち=大阪府貝塚市の日本生命スタジアム屋内練習場で2018年10月1日、来住哲司撮影

 社会人球界で大きなニュースだった。都市対抗で優勝4回、歴代最多59回出場を誇る日本生命が6月、16年ぶりに都市対抗出場を逃したことだ。

 現役選手たちにとって初めての屈辱。近畿予選後のミーティングでは、各自が正直な思いを言い合った。それを聞いた就任5年目の十河章浩監督(51)は「こちらの誘導ミスがあった」と感じた。

 同予選は2勝3敗で、敗れた3試合の総得点は4と打線が低迷した。打撃改良を試みたが、それが合わなかっ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文757文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです