メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑戦

社会人野球日本選手権 大和高田クラブ/1 「因縁の対決」制す ライバル主戦、1年研究 /奈良

全日本クラブ野球選手権大会の決勝戦で和歌山箕島球友会の和田投手から先制点を奪い、喜び合う大和高田クラブの選手たち=埼玉県所沢市のメットライフドームで、玉城達郎撮影

 大和高田クラブは「因縁の対決」を制して頂点に立った。

 9月13日、メットライフドーム(埼玉県所沢市)であった全日本クラブ野球選手権大会決勝。タイブレークの延長十回表、高田クラブの竹島貫太選手(24)が放った打球は、左翼線ぎりぎりでスタンドに飛び込み、決勝点となる3点本塁打になった。和歌山箕島球友会のベンチでは、六回途中で降板した先発の和田拓也投手(24)がその姿に唇をかみしめていた。

 高田クラブと箕島球友会は前回も決勝で対戦したクラブ野球界のライバル同士だ。前回、和田投手に九回まで…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです