メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑戦

社会人野球日本選手権 大和高田クラブ/2 創設当初に快進撃 伸び悩み経験し成長 /奈良

2001年8月の全日本クラブ野球選手権で初優勝を決め、小西良之助監督(当時)を胴上げする大和高田クラブの選手たち=佐々木順一撮影

 大和高田クラブ発足のきっかけは1996年夏にさかのぼる。前年の県野球連盟の発足を主導した井本康則さん(73)=現在は同連盟顧問=は「県の野球を発展させるため、新しい硬式のクラブチームを作りたい」との思いを抱いていた。知人を介して偶然会った大和ガスの中井隆男会長(75)=当時は社長=に相談すると、中井会長は「うち(大和ガス)の軟式野球部を硬式にしよう」と快く応じた。

 96年秋にあった最初の練習に参加したのはわずか7人。全員が大和ガス社員だったが、新チーム名にはあえ…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  4. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです