メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑戦

社会人野球日本選手権 大和高田クラブ/3 野球認めてくれる職場 「試合活躍で恩返しを」 /奈良

2017年末に痛めた右肩のリハビリを続ける大和高田クラブの安部健太投手(右)=大阪府羽曳野市内の病院で、稲生陽撮影

 大和高田クラブの選手は皆、普通に働きながら練習を続ける社会人だ。選手らは「少しでも試合で活躍し、野球を続けさせてもらっている恩を職場に返したい」と異口同音に話す。

 早朝の橿原市内の食用でんぷん加工工場に、資材を運ぶフォークリフトの音が響く。ヘルメット姿で運転するのは、今春に大和高田クラブに入部した安部健太投手(26)。「重機には触れたこともなかったが、仕事があるだけでありがたい。職場への『恩』を感じます」

 安部投手は今年入部するまで、大阪を拠点とする強豪企業チーム・パナソニックでプレーしていた。中継ぎを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです