メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

13年目の梅花

宮崎梅田学園の挑戦/3 挫折越え下克上 古市賢助投手(25) /宮崎

投球練習をする古市投手

 四回、4番、5番打者の連続長打で1点先制され、なお2死三塁のピンチ。相手ベンチが気勢上がる中、マウンド上の古市賢助投手(25)は冷静だった。「逆転を信じて抑えよう」

 先月6日、熊本県山鹿市であった社会人野球日本選手権の九州地区予選2回戦。古市投手ら宮崎梅田学園(宮崎市)ナインは2大全国大会の都市対抗と日本選手権にこの4年で計5回出場している強豪、西部ガス(福岡)と相対していた。

 先制され、流れが相手に傾きかねない場面。しかし、古市投手は続く6番打者を緩急をつけた投球で二ゴロに…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです