メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本選手権:社会人野球はジョニーの原点 黒木知宏さんが語る「全力プレー」の魅力

初めて社会人野球の実況を担当するプロ野球・ロッテの元エース・黒木知宏さん=東京都千代田区で2018年10月23日、小座野容斉撮影

日本選手権

社会人野球はジョニーの原点 黒木知宏さんが語る「全力プレー」の魅力

 第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)で史上初めて実施される公式サイトでの全試合無料ライブ中継。準決勝2試合と決勝で解説を担当するプロ野球・元ロッテの黒木知宏さん(44)は、社会人野球の新王子製紙春日井(現・王子)で闘志あふれる投球スタイルの基礎を築いた。「一つ一つのプレーが全力。リーグ戦では見られない一発勝負の戦い方が間違いなくみられる」と黒木さんは日本選手権の面白さを強調する。【構成・曽根田和久、寺田翼】

 黒木さんは宮崎・延岡学園から新王子製紙春日井に進んだ。闘志を前面に出す投球スタイルの基礎も社会人時代に培い、「ジョニー」という愛称も当時の後輩選手が名付け親だ。94年には本田技研鈴鹿(現・ホンダ鈴鹿)の補強選手として都市対抗野球大会で優勝を経験しているものの、日本選手権に出場する機会はなかった。「補強選手制度がない日本選手権はそのチームの総合力が問われる。日本一のチームがどこなのか。明確に分かる…

この記事は有料記事です。

残り2587文字(全文3008文字)