【鷺宮製作所―大阪ガス】サヨナラとなる内野安打を放った大谷(左端)を笑顔で出迎える大阪ガスの選手たち=京セラドーム大阪で2018年11月1日、幾島健太郎撮影

夏の覇者・大阪ガスがサヨナラ勝ち 粘る鷺宮製作所破る

 開幕第2試合は大阪ガス(近畿・大阪)が鷺宮製作所(関東・東京)に6-5でサヨナラ勝ちし2回戦に進んだ。大阪ガスは四回、阪神ドラフト1位の近本の内野安打でチャンスを作り、2死一、二塁から古川が右中間三塁打、続く小畑も右翼線二塁打を放ち3点を先取した。終盤、粘る鷺宮製作所に2度追いつかれたが、九回裏1死満塁から大谷が一塁強襲の適時打を放ち、決勝点を奪った。大阪ガスの近本は4打数3安打の猛打賞で存在感を発揮した。鷺宮製作所は八回と九回の2度、同点とする粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。

 大阪ガス・橋口博一監督 (2度追いつかれたが)勝ち越されなかったのがよかった。(都市対抗との2冠に向けて)もうちょっと楽に勝ちたい。

 鷺宮製作所・目良宏監督 よく粘ったが、序盤の失策や細かいミスもあり、最後まで勝ち越せなかった。相手は地元チーム。先制点が欲しかった。

「次は勝つ」同点打の鷺宮・橋本

 鷺宮製作所の4番・橋本が、試合を振り出しに戻す適時二塁打を放った。1点を追う八回2死二塁の打席は「甘い球は逃さず振り抜こう」と臨んだ。浮いた外角のカーブを強振すると、打球は中堅手の頭を越えた。一回の先制機は空振り三振に倒れただけに、主軸の意地を見せた一打だった。チームは都市対抗覇者を相手に粘ったものの、サヨナラ負け。橋本は「王者と渡り合えたことに手応えを感じる。次は勝ちきりたい」と話した。


▽先発オーダー

【鷺】4渡辺侑 8新納 3大坂 D橋本 7吉浜 9津久井 5保戸田 2長沢 6土谷

【大】6花本 5小深田 4峰下 9土井 8近本 7大谷 3古川 D小畑 2鳥飼

▽先発バッテリー

【鷺】野口-長沢

【大】温水-鳥飼

【鷺宮製作所-大阪ガス】鷺宮製作所先発の野口=京セラドーム大阪で2018年11月1日、三村政司撮影
【鷺宮製作所-大阪ガス】大阪ガス先発の温水=京セラドーム大阪で2018年11月1日、三村政司撮影