メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利へ!カナフレックス

社会人野球日本選手権/下 北川倫太郎選手 元プロ、チームを活性化 /滋賀

「試合を決める1本を打ちたい」と意気込むカナフレックスの北川倫太郎選手=滋賀県東近江市池庄町の湖東スタジアムで、礒野健一撮影

 1日に京セラドーム大阪(大阪市西区)で開幕する「第44回社会人野球日本選手権」(日本野球連盟、毎日新聞社主催、大阪市共催)に3大会ぶり2回目の出場を果たすカナフレックス(東近江市)。選手総勢21人のうち7人が今年からの新加入組だ。大卒1年目の初々しい選手が大半だが、ただならぬ風格を漂わせてバットを振り込む「新人」選手もいる。昨年までプロ野球・楽天に所属した北川倫太郎選手(25)だ。【礒野健一】

 北川選手は高校野球の強豪・明徳義塾(高知)で主将を務め、3年生で迎えた夏の甲子園は2試合連続本塁打…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです