メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 きょう開幕 日本新薬・榎田宏樹投手 兄の復活、原動力に 難病で昨年不在のエース

日本選手権大会近畿地区予選最終予選の代表決定戦で好投した日本新薬・榎田宏樹投手=京都市右京区のわかさスタジアム京都で2018年9月5日、久保玲撮影

 京セラドーム大阪(大阪市西区)で1日から始まる第44回社会人野球日本選手権大会の開幕戦に登場する日本新薬(近畿・京都)には、昨年、難病でマウンドに立てなかった投手がいる。左腕・榎田宏樹投手(29)。難病と診断され昨年の選手権は出場できなかったが、今年はプロ野球で「復活」を果たした兄の活躍を励みに力投を誓う。

 榎田投手は鹿児島県出身。2016年の都市対抗野球大会で2試合に先発し8強入りに貢献するなど活躍した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです