メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集大成

第44回社会人野球日本選手権に向けて/下 東芝・柴原健介選手 「5戦必勝」へ気負いなし /神奈川

 「あの時は完全に勢いがありましたね」。東芝の柴原健介選手(27)は2014年の入社当時を、はにかみながら振り返る。履正社高、日大と高校・大学野球の名門チームで正捕手と主軸を担い、鳴り物入りで社会人野球の世界に。新人ながら都市対抗野球大会で先発マスクを任されるなど攻守で活躍し、その年の暮れに県ベストナインに輝いた。

 しかし、その後は伸び悩んだ。同じポジションのベテラン、井川良幸選手の壁は厚く高かった。ベンチで試合…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです