メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集大成

第44回社会人野球日本選手権に向けて/下 東芝・柴原健介選手 「5戦必勝」へ気負いなし /神奈川

 「あの時は完全に勢いがありましたね」。東芝の柴原健介選手(27)は2014年の入社当時を、はにかみながら振り返る。履正社高、日大と高校・大学野球の名門チームで正捕手と主軸を担い、鳴り物入りで社会人野球の世界に。新人ながら都市対抗野球大会で先発マスクを任されるなど攻守で活躍し、その年の暮れに県ベストナインに輝いた。

 しかし、その後は伸び悩んだ。同じポジションのベテラン、井川良幸選手の壁は厚く高かった。ベンチで試合…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです