メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 大ガス、夏秋連覇を 03、04年準V主将 まだ見ぬ頂点、後輩に託し

大阪ガスの選手たちに声援を送る元主将の峯岡格さん=京セラドーム大阪で2018年11月1日、加藤佑輔撮影

 第44回社会人野球日本選手権が1日開幕し、今夏の都市対抗の覇者として史上4チーム目の「夏秋連覇」に挑む大阪ガス(近畿・大阪)が、鷺宮製作所(関東・東京)との初戦を突破した。日本選手権では優勝の経験がなく、2003、04両年に準優勝した時に主将を務めていた峯岡格(いたる)さん(44)は、夏を制して勢いづく後輩にスタンドからエールを送り続けた。【加藤佑輔】

 「行け、行け、大阪ガス」。チームカラーの水色のメガホンを手にした社員らが座る応援席で、ひときわ大き…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです