メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 大ガス、夏秋連覇を 03、04年準V主将 まだ見ぬ頂点、後輩に託し

大阪ガスの選手たちに声援を送る元主将の峯岡格さん=京セラドーム大阪で2018年11月1日、加藤佑輔撮影

 第44回社会人野球日本選手権が1日開幕し、今夏の都市対抗の覇者として史上4チーム目の「夏秋連覇」に挑む大阪ガス(近畿・大阪)が、鷺宮製作所(関東・東京)との初戦を突破した。日本選手権では優勝の経験がなく、2003、04両年に準優勝した時に主将を務めていた峯岡格(いたる)さん(44)は、夏を制して勢いづく後輩にスタンドからエールを送り続けた。【加藤佑輔】

 「行け、行け、大阪ガス」。チームカラーの水色のメガホンを手にした社員らが座る応援席で、ひときわ大き…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです