メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

大ガス元主将 後輩に託す夏秋連覇

選手たちに声援を送る峯岡格さん=京セラドーム大阪で2018年11月1日、加藤佑輔撮影

 第44回社会人野球日本選手権が1日開幕し、今夏の都市対抗の覇者として史上4チーム目の「夏秋連覇」に挑む大阪ガス(近畿・大阪)が、鷺宮製作所(関東・東京)との初戦を突破した。日本選手権では優勝の経験がなく、2003、04両年に準優勝した時に主将を務めていた峯岡格(いたる)さん(44)は、夏を制して勢いづく後輩にスタンドからエールを送り続けた。

 「行け、行け、大阪ガス」。チームカラーの水色のメガホンを手にした社員らが座る応援席で、ひときわ大き…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです