メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

守備の日本新薬 打線にも勢い

【王子-日本新薬】六回裏日本新薬2死一、三塁、中が中越えに2点二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月1日、幾島健太郎撮影

 日本新薬はエースのアクシデントにも落ち着いていた。好投を続けていた先発左腕・榎田が左ふくらはぎを痛めて五回限りで降板した。だが、4番・中が嫌な流れを振り払った。

 1点リードの六回2死一、三塁の好機で左打席へ入った。王子の左腕・若林に対して、タイミングが合わずに初球の直球を空振りした。「真っすぐは打てない。スライダーに絞った」。三振覚悟で狙いを定めると、カウント2-1からの外角低め…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです