メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

西濃運輸の堀田は緩急自在の投球

信越ク-西濃運輸 西濃運輸先発の堀田=京セラドーム大阪で2018年11月2日、幾島健太郎撮影

 〇西濃運輸2-1信越硬式野球クラブ●(2日・京セラドーム大阪、1回戦)

 待ちきれないと言わんばかりに信越クの打者が次々と体勢を崩された。西濃運輸の堀田晃・投手(24)。130キロ台後半ながら伸びのある直球に、緩い変化球を織り交ぜた緩急自在の投球。力任せに投げていた今夏の都市対抗とは全く別人のスタイルで、完投勝利を収めた。

 真骨頂は七回。無死二塁で4番・小林を左打席に迎えた。外角直球の出し入れで1球も振らせずに追い込み、…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです