メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

信越クで得点たたき出した9番萩島

信越ク-西濃運輸 八回表信越ク1死一塁、萩島が左翼線適時二塁打を放つ(捕手・柏木)=京セラドーム大阪で2018年11月2日、山崎一輝撮影

 〇西濃運輸2-1信越硬式野球クラブ●(2日・京セラドーム大阪、1回戦)

 信越クの唯一の得点をたたき出したのが9番・萩島だった。2点を追う八回1死一塁で、外角寄りの速球をたたき、左翼線へ適時二塁打を放った。「(狙っていた)真っすぐを踏み込んでいけた」と納得顔の萩島。

 しかし、チームは後続が断たれて反撃も及…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです