メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

「抜ける」確信したパナ9番・横田

【NTT東日本-パナソニック】延長十二回裏パナソニック2死二塁、横田が中越え適時二塁打を放つ(投手・大竹)=京セラドーム大阪で2018年11月2日、山崎一輝撮影

 〇パナソニック2-1NTT東日本●(2日・京セラドーム大阪、1回戦)

 打った瞬間、抜けると確信した。同点の十二回2死二塁。パナソニックの9番・横田の放った打球は、サヨナラを阻止しようと前進守備を敷く中堅手の頭上を越えていく。「センターがえらい前に来ているなと思っていた」と横田。決勝二塁打に両手を上げて喜びを表した。

 この回、タイブレークの無死一、二塁で、8番・松根が犠打を失敗し併殺。チャンスはついえたかに思えた。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです