メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

「制球に課題」宮崎梅田学園・古市

三回表に降板する宮崎梅田学園先発の古市=京セラドーム大阪で2018年11月4日、山崎一輝撮影

 〇JFE西日本6-0宮崎梅田学園●(4日・京セラドーム大阪、1回戦)

 宮崎梅田学園は先発のエース左腕・古市が三回途中6失点と大崩れ。二回に先制ソロを許すと、三回は2連打と死球で1死満塁からJFE西日本の4番・橋本に高めに浮いた139キロの直球を右翼線へ2点適時二塁打とされるなど、計4長短打を浴びて降板。「追い込んだ後の球威や制球に課題があった」と悔やんだ。創部13年目で初めてたどり着いた全国の舞台。継投した3投手は無失点で抑えただけに「もう少し流れを作れる投球ができていたら」と後悔ばかりが口を突いて出た。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事