メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

三菱名古屋がカナフレックス降す

【三菱重工名古屋-カナフレックス】二回表三菱重工名古屋2死一、二塁、山田晃が中越え3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月5日、山崎一輝撮影

 〇三菱重工名古屋5-3カナフレックス●(5日・京セラドーム大阪、1回戦)

【三菱重工名古屋-カナフレックス】三菱重工名古屋先発の服部=京セラドーム大阪で2018年11月5日、山崎一輝撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会は第5日の5日、1回戦3試合。第2試合は三菱重工名古屋(東海・愛知)がカナフレックス(近畿・滋賀)を5-3で降し2回戦に進んだ。

 三菱重工名古屋が6安打ながら効率良く得点した。二回に山田晃の中越え3ランで逆転。七回は秋利が適時二塁打を放ち、2番手・西納の好救援も光った。カナフレックスは一回に北川、山崎の連続適時長短打で3点を奪ったが、その後は好機で打ちあぐねた。

 三菱重工名古屋・佐伯功監督 失点後、すぐに得点を奪えたことが大きかった。(2番手の)西納が落ち着いた投球できっちり試合を締めてくれた。

 カナフレックス・河埜敬幸監督 初回に3点を奪ったが、直後に逆転されてショックが大きかった。五回の好機に何でもいいから得点が欲しかった。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事