メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

10奪三振も… JR四国・岡田

【JR四国-大和高田ク】JR四国先発の岡田律=京セラドーム大阪で2018年11月5日、三村政司撮影

 〇大和高田クラブ1-0JR四国●(5日・京セラドーム大阪、1回戦)

     JR四国の先発・岡田律が7回10奪三振1失点の好投も、報われなかった。

     都市対抗も含めて二大大会初先発の新人左腕は「真っすぐは走っていたし、変化球の制球も良かった」と、立ち上がりから快調に飛ばした。130キロ台後半の直球と落差のあるフォークボールで六回まで被安打1で三塁を踏ませなかった。

    しかし、七回は連打に失策も絡んで決勝点を献上。「走者を背負った時の集中力が足らなかった」と悔しさをにじませた。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事