【大和高田ク-新日鉄住金広畑】三回裏新日鉄住金広畑1死一、二塁、飯田が中前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月9日、山崎一輝撮影

新日鉄住金広畑が大和高田ク降す

 新日鉄住金広畑(近畿・兵庫)が4-1で大和高田クラブ(近畿・奈良)を降し、ベスト8進出を決めた。

 新日鉄住金広畑は三回に1死一、二塁から飯田の中前適時打で先制。四回には椎名が右翼線二塁打を放ち追加点を挙げると、八回にもスクイズと適時打で2点を加えた。大和高田クラブは9安打を放ちながら、好機で決定打を欠いた。

守りでリズム 新日鉄住金広畑8強

  堅い守りから攻撃へリズムを作る。「広畑カラー」が存分に表れた。

 1点差の七回1死三塁。ファウルゾーンで飛球をキャッチした新日鉄住金広畑の右翼手・椎名の耳に一塁手・田中の「ホーム行ってるぞ」という声が聞こえた。タッチアップで本塁生還を狙った大和高田クの竹島を制球良く刺してアウト。ダブルプレーに仕留め、相手に傾き掛けた流れを完全に断ち切った。

 二回にも右前打で二塁を狙った竹島を好返球でタッチアウトに。大学3年まで投手で、強肩が持ち味。遠投115メートルはチームトップだ。普段の練習から「常に走者を刺しにいくことだけを考えている」という。試合前のミーティングでも「相手は次の塁をどんどん狙ってくる。打球が間を抜けたら次の塁で刺そう」とチーム内で話していた通りのプレーで危機を救った。

 1回戦では前回王者のトヨタ自動車にサヨナラ勝ち。椎名は「まさか勝つとは思わなかった。信じられないのが本音」と言うが、これでナインは自信がついた。「一戦一戦、力を付けている」と興奮気味に選手をたたえた浜口監督。挑戦者として快進撃を続けるチームが22大会ぶりの準々決勝進出を決めた。【長田舞子】

三塁打も反省 大和高田ク・山本柊

  大和高田クの唯一の得点を挙げたのは3番・山本柊。2点を追う六回1死一塁、内角寄りの直球を引っ張り、右中間を破る適時三塁打を放った。「併殺が嫌だったので、打つポイントを前に置いたら甘い球が来た」と振り返った。だが、次打者の一ゴロで本塁突入したものの刺され、「ゴロなら走る指示が出ていたが、スタートが遅れた」と悔やんだ。天理大から加入して1年目。「前回出場時(2009年)のベスト8を超えたかったが、課題が多いと分かった」と反省していた。


▽先発オーダー

【大】6今里 4内山 9山本柊 3広井 5村上 D竹島 8岩永 7金井 2恩庄

【新】9椎名 5木戸地 8大場 7佐々木 6飯田 3田中 D岩崎 2福井圭 4市原

 

▽先発バッテリー

【大】松林-恩庄

【新】尾嶋-福井圭

【大和高田ク―新日鉄住金広畑】大和高田ク先発の松林=京セラドーム大阪で2018年11月9日、山崎一輝撮
【大和高田ク―新日鉄住金広畑】新日鉄住金広畑先発の尾嶋=京セラドーム大阪で2018年11月9日、三村政司撮影