メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

日本新薬・千葉、執念の一振り

【日本新薬-パナソニック】八回表日本新薬2死二、三塁、千葉が2点三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月7日、平川義之撮影

 〇日本新薬4-1パナソニック●(7日・京セラドーム大阪、2回戦)

 勝負を決定付ける打球が外野の人工芝を転々とした。2点リードの八回2死二、三塁。日本新薬の8番・千葉がダメ押しの2点三塁打を放った。右前への当たりに飛び込んだ右翼手の後ろを打球が転がるのを見るや悠々と三塁を陥れ、喜びを爆発させた。

 外角球を左手一本で捉えた。直前の2球は外の緩い球にタイミングが合わず空振りとファウル。3球続いた外角低めの変化球を、今…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです