メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

パナソニック・藤井、反省しきり

 〇日本新薬4-1パナソニック●(7日・京セラドーム大阪、2回戦)

     パナソニックの1番・藤井健は一回の走塁を悔しがった。中前打で出塁し2死二塁。4番・片山の右前打で本塁へ突入し、ヘッドスライディングを試みたが右翼手のノーバウンド返球に阻まれた。「先取点を取られた後だっただけに1点欲しかった」と藤井健。六回には遊撃内野安打を放ち、チーム唯一の2安打と気を吐いたが反省ばかり。特に三回の見逃し三振について「振らないことには事が起きない」と後悔していた。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事