メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 2回戦 JR東東北、惜敗 反撃もあと1本出ず /宮城

 社会人野球日本選手権に出場している県勢で東北代表のJR東日本東北は8日、京セラドーム大阪(大阪市)で三菱重工名古屋(愛知)と2回戦で対戦し、1-2で惜敗した。2点を追う八回、薗部優也選手の適時打で1点差に迫り、逆転勝利した初戦と同じく反撃ムードが漂ったが、あと1本が出なかった。最後まで食らい付いた選手たちに、スタンドからは温かい拍手が送られた。【早川夏穂】

 2年連続越えられていない、2回戦突破の壁に挑む。JR東日本東北の打撃陣は、逆転勝利を収めた1回戦と…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  5. 社説 菅原氏の贈答品問題 釈明するほど深まる疑惑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです