メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 100年の誇り、見守る JR東東北 内海利彦・元監督

スタンドから選手たちを見守るJR東日本東北元監督の内海利彦さん=大阪市で2018年11月8日、早川夏穂撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会で8日の2回戦に臨んだJR東日本東北(東北・宮城)の一塁側応援席で、元監督であり宮城県野球協会会長を務める内海利彦さん(66)が選手たちを見守った。チームは今年で「創部100年」の伝統を誇り、東北の社会人野球の草分け的な存在だ。三菱重工名古屋(東海・愛知)に敗れ8強進出はならなかったが、「応援してくれる人たちがいたからこそ、ここまで来られた」と感謝を口にした。

 前身の「仙台鉄道管理局」野球部は1919年10月に設立。今夏の都市対抗では出場を逃したものの、1世…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです