メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 100年の誇り、見守る JR東東北 内海利彦・元監督

スタンドから選手たちを見守るJR東日本東北元監督の内海利彦さん=大阪市で2018年11月8日、早川夏穂撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会で8日の2回戦に臨んだJR東日本東北(東北・宮城)の一塁側応援席で、元監督であり宮城県野球協会会長を務める内海利彦さん(66)が選手たちを見守った。チームは今年で「創部100年」の伝統を誇り、東北の社会人野球の草分け的な存在だ。三菱重工名古屋(東海・愛知)に敗れ8強進出はならなかったが、「応援してくれる人たちがいたからこそ、ここまで来られた」と感謝を口にした。

 前身の「仙台鉄道管理局」野球部は1919年10月に設立。今夏の都市対抗では出場を逃したものの、1世紀にわたる活動が評価され特別表彰を受けた。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです