メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

東芝8強 逆転でJR東海破る

【JR東海-東芝】五回裏東芝2死一、三塁、柴原が中前適時打を放つ(捕手・牛場)=京セラドーム大阪で2018年11月9日、幾島健太郎撮影

 〇東芝6-4JR東海●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

 第44回社会人野球日本選手権大会は第9日の9日、2回戦の残り2試合と準々決勝1試合。第1試合は中盤に逆転した東芝(関東・神奈川)が6-4でJR東海(東海・愛知)に競り勝ち、ベスト8進出を決めた。

 東芝は1点を追う五回、相手守備の乱れに乗じて同点とすると、押し出し四球、犠飛などで3点を追加。八回にはスクイズで加点した。JR東海は七、九回と1点ずつ返す粘りを見せたが、及ばなかった。

 東芝・平馬淳監督 (先制を許したが)1点ずつ返そうと話していた。それを実現した選手たちがすごい。救援の福本、岡本が流れを変えてくれた。

 JR東海・久保恭久監督 継投も含めて相手の試合巧者ぶりにやられた。先制するまでは良かったが、その先の攻撃がうまくいかなかった。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事