メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

日本生命、戻ってきた試合巧者ぶり

【日本生命-NTT西日本】四回表日本生命1死一塁、広本が右前打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影

 〇日本生命5-0NTT西日本●(8日・京セラドーム大阪、2回戦)

 日本生命の十河監督は策を練っていた。相手先発は今夏の都市対抗近畿予選で抑え込まれた浜崎。「機動力を使わないとうちのペースに持ち込めない」。四回、狙い通りに足を絡めて攻略した。

 1死から7番・古川が中前打で出塁。十河監督は「長打は出にくい雰囲気」とヒットエンドランを選択した。打席の広本も「準備はできていた」と初球を流し打って一、二塁間を破り、1死一、三塁。続く伊藤悠の時にも再び…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです