メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

三菱重名古屋、真価発揮の西納投手

【三菱重工名古屋-JR東日本東北】三菱重工名古屋の西納=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影

 〇三菱重工名古屋2-1JR東日本東北●(8日・京セラドーム大阪、2回戦)

 わずか1球で絶体絶命のピンチを切り抜けた。三菱重工名古屋の西納敦史投手(27)。佐伯監督が「ちょっとやばい時の西納」と全幅の信頼を置く男が真価を発揮した。

 八回、粘投していた先発・勝野が1点差に迫られ、2死満塁の場面でマウンドに送り込まれた。緊張する場面でも「抑えればヒーロー。最悪…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです