メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

創部100年胸に、JR東日本東北

【三菱重工名古屋-JR東日本東北】五回裏JR東日本東北無死、森が右前打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月8日、幾島健太郎撮影

 〇三菱重工名古屋2-1JR東日本東北●(8日・京セラドーム大阪、2回戦)

 第44回社会人野球日本選手権大会で8日の2回戦に臨んだJR東日本東北(東北・宮城)の一塁側応援席で、元監督であり宮城県野球協会会長を務める内海利彦さん(66)が選手たちを見守った。チームは今年で「創部100年」の伝統を誇り、東北の社会人野球の草分け的な存在だ。三菱重工名古屋(東海・愛知)に敗れ8強進出はならなかったが、「応援してくれる人たちがいたからこそ、ここまで来られた」と感謝を口にした。

 前身の「仙台鉄道管理局」野球部は1919年10月に設立。今夏の都市対抗では出場を逃したものの、1世…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです