メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

創部100年胸に、JR東日本東北

【三菱重工名古屋-JR東日本東北】五回裏JR東日本東北無死、森が右前打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月8日、幾島健太郎撮影

 〇三菱重工名古屋2-1JR東日本東北●(8日・京セラドーム大阪、2回戦)

 第44回社会人野球日本選手権大会で8日の2回戦に臨んだJR東日本東北(東北・宮城)の一塁側応援席で、元監督であり宮城県野球協会会長を務める内海利彦さん(66)が選手たちを見守った。チームは今年で「創部100年」の伝統を誇り、東北の社会人野球の草分け的な存在だ。三菱重工名古屋(東海・愛知)に敗れ8強進出はならなかったが、「応援してくれる人たちがいたからこそ、ここまで来られた」と感謝を口にした。

 前身の「仙台鉄道管理局」野球部は1919年10月に設立。今夏の都市対抗では出場を逃したものの、1世…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. 防衛大いじめ訴訟5日判決 母親が再発防止を訴え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです