メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

TBでホンダ鈴鹿が大ガス振り切る

【ホンダ鈴鹿-大阪ガス】延長十二回表ホンダ鈴鹿2死二、三塁、代打・西川が中前2点適時打を放つ(捕手・鳥飼)=京セラドーム大阪で2018年11月8日、幾島健太郎撮影

 〇ホンダ鈴鹿3-1大阪ガス●(8日・京セラドーム大阪、2回戦)

 第44回社会人野球日本選手権大会は第8日の8日、ベスト8をかけた2回戦3試合があった。緊迫した投手戦となった第3試合はホンダ鈴鹿が大阪ガスを延長十二回、タイブレーク(TB)の末、3-1で降し、準々決勝に駒を進めた。

 ホンダ鈴鹿が競り勝った。六回2死二塁から畔上の右前打で同点。タイブレークに入った延長十二回2死二、三塁で代打・西川の中前打で2点を勝ち越した。早めの投手リレーも決まった。大阪ガスは四回に土井のソロで先制するも、その後は安打が続かなかった。

 ホンダ鈴鹿・甲元訓監督 2年目の3人の投手が本当によく抑えてくれた。走塁にしても攻める姿勢が出ていた。良い試合ができた。

 大阪ガス・橋口博一監督 どっちに転んでもおかしくない展開だった。出せる力は出し切った。(2番手の)阪本はよく投げてくれた。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事