メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

ホンダ鈴鹿・西川が勝ち越し打

【ホンダ鈴鹿-大阪ガス】延長十二回表ホンダ鈴鹿2死二、三塁、代打・西川が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影

 〇ホンダ鈴鹿3-1大阪ガス●(8日・京セラドーム大阪、2回戦)

 バットは折れた。タイブレークに突入した延長十二回2死二、三塁。ホンダ鈴鹿の代打・西川は内角球に詰まった。しかし、打球は遊撃の右を通過し中前へ。2者が生還する勝ち越し打を放った。

 「勝ち運を持っている」と西川。埼玉・浦和学院高では2013年春の甲子園で優勝を経験。東洋大から入社1年の右打者は打撃が売りの捕手だが、出場機会は少ない。そのため意識するのは「力まないこと」。プレッシャーのかかる場面でも仕事をこなした。

 甲元監督は試合前から選手にタイブレークを予言。その際も「打ちに行くよ」とバントしないことを伝えていた。無死一、二塁からの攻撃で4、5番が打ち取られ好機はしぼんだように見えたが、とっておきの代打投入が成功した。

 都市対抗王者を破っての8強入り。甲元監督は「どこよりも強いチームに勝った。先が見えてきた」と興奮を隠せない。頂を見据え、チームはエンジン全開になってきた。【藤田健志】

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事