メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 2回戦 新日鉄住金広畑、快勝 きょう準々決勝 23年ぶり /兵庫

【大和高田クラブ-新日鉄住金広畑】三回裏に先制の適時打を放った飯田に向けて声をかける新日鉄住金広畑の選手たち=京セラドーム大阪で、幾島健太郎撮影

 京セラドーム大阪で開催中の第44回社会人野球日本選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第9日の9日、新日鉄住金広畑は2回戦で大和高田クラブ(近畿・奈良)と対戦。前半にリードを奪うと、相手の反撃を継投策でしのいで4-1で快勝し、1995年の第22回大会以来、22大会ぶり(23年ぶり)の8強入りを決めた。「日本製鉄」への社名変更を来春に控え、現チーム名で臨む最後の全国大会での快挙に、スタンドに詰めかけた関係者は歓喜に沸いた。【待鳥航志、望月靖祥】

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです