メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 2回戦 新日鉄住金広畑、快勝 23年ぶり きょう準々決勝 /兵庫

【大和高田クラブ-新日鉄住金広畑】三回裏に先制の適時打を放った飯田に向けて声をかける新日鉄住金広畑の選手たち=京セラドーム大阪で、幾島健太郎撮影

 京セラドーム大阪で開催中の第44回社会人野球日本選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第9日の9日、新日鉄住金広畑は2回戦で大和高田クラブ(近畿・奈良)と対戦。前半にリードを奪うと、相手の反撃を継投策でしのいで4-1で快勝し、1995年の第22回大会以来、22大会ぶり(23年ぶり)の8強入りを決めた。「日本製鉄」への社名変更を来春に控え、現チーム名で臨む最後の全国大会での快挙に、スタンドに詰めかけた関係者は歓喜に沸いた。【待鳥航志、望月靖祥】

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです