メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

新日鉄住金広畑が大和高田ク降す

【大和高田ク-新日鉄住金広畑】三回裏新日鉄住金広畑1死一、二塁、飯田が中前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月9日、山崎一輝撮影

〇新日鉄住金広畑4-1大和高田クラブ●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

 第44回社会人野球日本選手権大会は第9日の9日、2回戦の残り2試合と準々決勝1試合。第2試合は新日鉄住金広畑(近畿・兵庫)が4-1で大和高田クラブ(近畿・奈良)を降し、ベスト8進出を決めた。

 新日鉄住金広畑は三回に1死一、二塁から飯田の中前適時打で先制。四回には椎名が右翼線二塁打を放ち追加点を挙げると、八回にもスクイズと適時打で2点を加えた。大和高田クラブは9安打を放ちながら、好機で決定打を欠いた。

 新日鉄住金広畑・浜口直也監督 1点差しかなかったので七回から坂本を行かせた。悪いなりに投げてくれた。(2試合連続2桁安打に)できすぎです。

 大和高田ク・佐々木恭介監督 (七回1死三塁からタッチアップを刺され)スタートが遅すぎた。勝てるゲームだった。この貴重な経験を生かしたい。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事