メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

元プロが先制弾 JR東海・中田

【JR東海-東芝】一回表JR東海2死一塁、中田が右越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月9日、山崎一輝撮影

 〇東芝6-4JR東海●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

     JR東海の4番・中田が2ランを含む2安打3打点の活躍で元プロの意地を見せた。一回2死一塁の第1打席。内角直球に腕をたたんで引っ張り、「うまく反応できた」と右翼ポールに直撃する先制の一発を放った。中日で5年プレーしたが、通算本塁打はゼロ。入社4年目の今季は「長打力」をテーマに掲げて取り組んできた。3点を追う九回には、球に逆らわずに左中間適時二塁打。「負けたので価値はないが、少しは成長できたかもしれない」と手応えも感じていた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
    2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
    4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
    5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです