メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

好調のリードオフマン 東芝・石川

【JR東海-東芝】五回裏東芝無死、石川が右前打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月9日、幾島健太郎撮影

 〇東芝6-4JR東海●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

     打撃好調のリードオフマンが攻守で存在感を発揮した。

     東芝の石川桜太外野手(28)。左前打で出塁した三回に続き、1点を追う五回。先頭で打席に入ると、「大きいのを狙わず塁に出たかった」。フルカウントから右前に運んで出塁。その後、無死一、二塁から相手の失策に乗じて二塁から一気に生還し、同点のホームを踏んだ。左翼の守りでは、七回無死一、三塁で左前への打球を素早く三塁に送球して一塁走者を刺しチャンスの芽を摘むと、「流れが変わった」と自賛した。

     1回戦・三菱重工神戸・高砂戦では本塁打を含む2打数2安打1打点に加え、2四球で全打席出塁。今夏の都市対抗準優勝チームを破る原動力となり、「自分の形で振ることを意識している」と好調を維持する。

     入社6年目。2013年には都市対抗で若獅子賞を獲得して注目を集めた。昨年は夏に顔を骨折した影響で大会では打席に立てず、チームも8強止まり。昨年の悔しさもあり、「日本一しかない」と今大会に懸ける思いは強い。【佐野優】

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事